<< 〔ひとりごと〕いつか 泣いた数だけ 幸せになれる | main | 【お知らせ】本日11時から盂蘭盆施餓鬼会 >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.09.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【御礼】阿弥陀如来来迎図 修復 ご寄進いただきました。

    0
      西遊寺什物 阿弥陀如来来迎図 人間は命が終わるときに三つの執着が起きるといわれています。 一つには境界きょうがい愛あい。自分自身の財産を手放したくない、家庭、家族と離れたくないという執着。 二つには自体愛。自分自身の体と離れたくない。死にたくないという執着。 最後には当生とうしょう愛あい。死んだ後自分自身どうなるのかという不安。お念仏申す者には、命の最後に阿弥陀様自らお迎えくださる。臨終間際に阿弥陀如来のお姿を目の当たりにした時に、この三つの執着が一瞬で解かれていく、離れていくといいます。この尊い教えを絵図として表現したのがこの来迎図です。
      五重相伝を迎えるにあたり、この絵の修復を榊田玉江様、松島輝様(お仏壇の松島様)が御寄進くださいました。心より御礼申し上げます。




      しばらくは玄関にお祀りさせていただこうと思います。 平成二十九年八月吉日 合掌

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.09.11 Monday
        • -
        • 17:21
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック