<< 【寺報】西遊寺寺報白道 春彼岸号を更新しました | main | 【寺報】寺報白道 盆施餓鬼号を更新しました。 >>

【コラム】花まつり 生まれてきてくれてありがとう

0
    お釈迦様のお誕生日

     『花まつり』うまれてきてくれてありがとう

    『お釈迦様』とは今から約二千五百年前にインドでご活躍された仏教を開いたお方です。

    「釈迦」とは釈迦族という一つの民族の名前であり正式にはゴータマ・シッダルタというお名前ですが、釈迦族の王子ということで古来から「お釈迦様」と呼ばれています。

    お釈迦様は今から約二千五百年前の四月八日にお生まれになりました。(インドは歴史が古いので「約何年前の〇月〇日」という表現が多用されます)


    「花まつり」はその時の様子を再現した設えになっています。


    お釈迦様のお母さまが出産のために里帰りをされていた途中 ルンビニーの花園で休憩されました。
    池で体を洗い、花を取ろうとしたときにご出産されました。 出産のとき、伝記には右脇腹から生まれ七歩歩いて「天上天下唯我独尊」とおしゃったと記されています。
    実際にそのような事があったというと嘘になるでしょう。

    お釈迦様の生涯の思想や境遇を子の誕生秘話に込められているのです。右脇腹からの出生は身分を表します。

    頭から生まれたは神や仏に使える人 腕から生まれた人は武族 脇から生まれたは貴族 と暗黙で決まっていました。さらに左より右が上位。つまりお釈迦さまは「良い貴族の出身」という意味。

    七歩歩んでは、苦しみ(六道)の世界を乗り越えて(六から一歩先を歩んで)幸せになる方法を見つけたという意味。

    そして「天上天下唯我独尊」天の上にも天の下にも私という人間はたった一人。それが尊いことであるという意味です。 世界に一人しかいない。この私。「ひとよりできる、できない。」そんなこと考える必要なく、ただ生まれてきたこと それだけで尊いことである。人と比べる必要もない。あなたはあなたのまま。十人十色。そのままで大丈夫、自分を大切にして生きなさい。と示してくださっているのがこのお言葉です。

    それと同時に、みんな自分が大切だから 人を傷つけてはいけないのです。

    誕生のよろこび。お釈迦様の誕生を喜んだ龍が甘露の雨(甘い雨)を降らし産湯となったそうです。それこそ甘茶をかける習慣の由縁です。 「生まれてきてくれてありがとう」世界にたった一人の存在 そのことを再確認させていただけるのがこの花まつりです。 その思いでお祝いし甘茶をおかけしましょう

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.20 Tuesday
      • -
      • 16:23
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM