スポンサーサイト

0
    • 2018.10.24 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    【ひとりごと】あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

    0
      あけましておめでとうございます。


      今年もよろしくお願い致します。


      12月31日23時50分頃から除夜の鐘を突かせて頂きました。
      毎年恒例の方から、海外から来られた方まで。


      境内も少しライトアップ






      約150名ほどお越しいただきました。
      ありがとうございました。

      そしてお正月

      8日には年始の法要 初講があります。

      今年は大本山百万遍知恩寺より数珠繰り出張していただきます。


      11時より法要を勤めます。どなたでもお参りいただけます。


      ぜひお参りください。

      【おしらせ】除夜の鐘 31日午後11時50分頃より

      0

        『そらみたか 常が大事じゃ 大晦日』

        親戚のお寺に年末のご挨拶に行くと、掲示板に毎年書いてあった言葉

         

        年末の大掃除 あそこも 汚い ここも汚い あそこを綺麗に ここも綺麗に

         

        こんなことなら普段もう少し綺麗に掃除しておけば

         

        来年こそは掃除もう少し力入れよう

         

        そんな思いになる。この時期。

         

        それと同じように

         

        人生の大晦日がいずれやってきたときに

         

        自分の行き先や 自分の心 定まっているこの私であるか!?

        また垢だらけのこの心ではないか!?

         

        後悔する前に まずは今年の心の垢は 今年のうちに清らかに

         

        除夜の鐘 正式には煩悩といいます。

         

        鐘を突く、また鐘の音を聞くことにより 心の垢を取い除きます。

        どうぞお参りください。

        実際に一人一人鐘を突いています。

         

        また当日は境内ライトアップ おみくじ付き干支飴のプレゼント(先着200名)あり。

         

         

        本年もお世話になり有難うございました。

        よき新年をお迎えください。


        【寺報】白道 新年初講号を更新しました

        0

          寺報 白道を更新しました。

           

          今回は五重相伝を終えて また新年の初行事 『初講』の詳細

          大本山百万遍知恩寺様が出張くださり 数珠繰りを勤めてくださいます。

           

          どなたでもご参加いただけます。 詳細は寺報をご覧ください・

           


          【御礼】五重相伝無事成満

          0

            すっかりご無沙汰してしまいました。

            気が付けば今年もあと数日。

            今年の西遊寺一番の行事。

             

            『五重相伝』が無事成満致しました。

             

            受者の皆さん、また支えてくださった御寺院、役員、婦人役員の皆様に感謝。

             

             


             

             

            また我が息子 勧玄 得度式を迎えさせていただきました。

            僧侶としての第一歩

             

            我が子から我が弟子へとなる儀式です。

             

             

            諸々無事 納めさせていただきました。


            【寺報】西遊寺寺報白道更新しました。

            0
              寺報白道更新しました。
              彼岸の案内、
              また、改修された本堂の特集です。

              【お知らせ】本日11時から盂蘭盆施餓鬼会

              0
                本日11時から当山盂蘭盆施餓鬼会法要。



                午前中

                英霊御回向 永代祠堂御回向

                午後から
                お申し込みいただいたお塔婆を御回向させていただきます。













                当日配布する法要の説明書

                【御礼】阿弥陀如来来迎図 修復 ご寄進いただきました。

                0
                  西遊寺什物 阿弥陀如来来迎図 人間は命が終わるときに三つの執着が起きるといわれています。 一つには境界きょうがい愛あい。自分自身の財産を手放したくない、家庭、家族と離れたくないという執着。 二つには自体愛。自分自身の体と離れたくない。死にたくないという執着。 最後には当生とうしょう愛あい。死んだ後自分自身どうなるのかという不安。お念仏申す者には、命の最後に阿弥陀様自らお迎えくださる。臨終間際に阿弥陀如来のお姿を目の当たりにした時に、この三つの執着が一瞬で解かれていく、離れていくといいます。この尊い教えを絵図として表現したのがこの来迎図です。
                  五重相伝を迎えるにあたり、この絵の修復を榊田玉江様、松島輝様(お仏壇の松島様)が御寄進くださいました。心より御礼申し上げます。




                  しばらくは玄関にお祀りさせていただこうと思います。 平成二十九年八月吉日 合掌

                  〔ひとりごと〕いつか 泣いた数だけ 幸せになれる

                  0

                    いつか 泣いた数だけ 幸せになれる


                    初盆のお参り。昨年、大事なご主人を亡くされたご家族。奥様と小学校1年生の長男。

                    昨日まで元気なお父さんは、寝て起きると亡くなっていました。原因不明。


                    突然の事で現実が受け止めれない。しかし現実しなければいけないことが、波のように押し寄せて。

                    悲しいのか、なんなのか、何がおきているのか、現実なのか、

                    そんな思いの中でただ、立ち尽くしていた。それが私との出会い。


                    通夜が終わり、葬儀が終わり、満中陰が終わる。


                    生きなくてはいけない。
                    主人の忘れ形見の長男を何として守らなくてはならない。

                    必死で生きて、必死で働いて、必死で育てた。

                    先日
                    最近、悲しくて、寂しくて仕方ありません。
                    と言われました。
                    ようやく、悲しめる、ようやく寂しいと思えるようになったのです。

                    現実を受け止めて、その生活に心がようやくついてきた。

                    下を向いてるだけじゃ見えない、明るい未来。
                    顔を上げたから、涙がこぼれた。


                    その涙は、思いやりや、優しさになり、きっと将来、大きな幸せを運んでくれりと確信しています。


                    亡くなった人は、姿も見えない、声も聞けないけど、常にあなたのそばにいてくれてます。

                    忘れる、気づかないのは、生きてる私達の方。

                    忘れないように、しっかり見護りを感じられる形が、お家、お家で引き継がれてきました。

                    姿は見えずとも、声は聞こえずとも、常に一緒。少しでもそう感じれるように、そう受け取れるように。

                    11月の五重を受けていただける彼女にそう受け取っていただけるようにこちらも準備を進めます。

                    【寺報】白道36号、盆施餓鬼号を更新しました。

                    0
                      お盆の祀り方。

                      サンプルを交えながら解説。


                      ぜひご覧ください。

                      HP、寺報欄から。

                      http://saiyuji.com/

                      【ひとりごと】仏具がうちにやってきた

                      0
                        1月に修復、また撤去された本堂の仏具達が帰ってきました。
                        修復に対する不安は正直ありました。同じような値段を出すなら、なおすより新調した方がいいのではないかと・・・


                        大きな間違いでした!昔の人の技術、情熱本当に素晴らしい。それを現代に蘇らせる、科学、技術素晴らしい。


                        宮殿屋根です。

                        こんなツヤツヤになりました。


                        宮殿仏様がお入りになる伽藍




                        これも漆を剥がし、また新たに漆を何層にも塗り直し金箔を貼った結果






                        天蓋、瓔珞は新調されました。


                        結果、このような素晴らしい内陣に。








                        あとはライトの微調整で完成です。




                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << December 2018 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM